求めるもの

友人に、「お前は理想が高過ぎなのでは?」と言われることがある。

そうかもしれない。。

私は、「社会生活上は男女平等が謳われ、男女関係では女尊男卑(レディーファースト)が常識とされ、職場でもそれが適用されることの多い現状」に正直、嫌気がさしてしまっているのだ。

私は、ただ「分をわきまえ、互いに協力し合い、常に将来を会話できる(=向上心がある?)」人を求めているだけである。つまり、対等な関係で接することのできる人を求めているだけである。ここが、出会う女性たちの描く、レディーファーストの感覚とずれているためか、いつも私から引いてしまう(上手くいかないことは明白だからである)。私は、協力できるかどうか、向上心があるかどうかを、趣味やちょっとした雑談から感じ取っている。例えば休日に、創造的な活動、健康的な活動、協調性を必要とする活動を何一つせず、受動的に生きている人は、たとえ私がその人の外見を凄く愛し、献身的に尽くしたとしても、1年と持たないであろう。。。世の中を見渡してみて、創造的、健康的、協調性を必要とする活動を何一つしていない人は、、大変多い。

音楽、美術、料理、DIY、運動、資格習得など、鑑賞するだけでなく、自らもやろうとする人を私は心から尊敬し、愛したい。それは、その活動をする人を見ているだけで、私が癒されるし、自分も成長できると思うからである。。そんな人は、恋人や夫婦になっても、共に協力してやっていけると感じる。

※ 私が、モノ作りが好きで、そのために鑑賞を愛し感性の上達を怠らず、禁欲に勤め倹約を良しとする健康オタクであり、平日は多くの人と協力しながら仕事をしていることを、改めて申し上げておく。

一方で、趣味は鑑賞、旅行、、ディズニーなどの人は、、私はとても胸が苦しくなる。それは、疲れていたり、見るだけの人たちだったりするからだ。。そんな人は、恋人や夫婦になっても、私に依存し、何か問題があれば私を貶し、互いに離れることになると予想できる。私は、私に依存してほしくない。縁あって私の人生のパートナーになる方には、一人の人間として、活き活きとして欲しいのだ。

私の周りの既婚者たちをみると、、与えられることを求める妻をもったために、苦労し、ボロボロになっている者たちがとても多い。その逆もしかり。希望の光は、子供であるようにみえるが、、子供がいなければとっくに分かれていると感じられる人があまりにも多い。。

私の理想が高すぎるかもしれないと申し上げたのは、こういう理由からである。

【本日の動画】中津川

水の流れは、心を癒してくれます。中津川のこの透き通った流れに触れていると、体中に力が湧いてくる気がします。水の中には、魚がいっぱい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です