羽ばたく飛行模型作った

 昔、「天空の城ラ〇ュタ」というジブリ作品で、主人公の一人のパズーが、羽ばたく模型飛行機を飛ばすシーンがあった。

 これって、すごーい!と子供ながらに思ったものである。その後、月日は流れ、学生の頃に「大人の科学」という物作り系の書籍で「羽ばたく飛行機を作ろう!」という企画があり、買ったはいいが忙しくて作る暇がなかった。

 ようやく、この週末にかかることができ、分かりにくい組み立て指示書を読みながら15分ほどでできた。。。

動力は、ゴムである。

前翼は、上図のように、歯車が噛み合うようになっている。歯車の一つからは腕が伸びており、これが回転軸とくっついている。この機構により、

ゴム解ける⇒回転軸回る⇒歯車の一つが動く⇒歯車の噛み合いで、もう一つの歯車も動く ⇒ 羽が羽ばたく

という動きが実現される。ただし、上記の構造上、両翼で羽ばたくときに、歯車の間隙分のタイムラグが出てしまい、綺麗にバタフライできない。しかし、これはやむを得ない。。。

後翼は、上図のように角度をあらかじめ調整し、ロックする機構となっている。

この後、庭で飛ばしてみたのですが、3mほど羽ばたいて急上昇し落下しました。羽ばたきに対して、羽の接着が弱かったためか、材料のビニールシートが少し伸びてしまいました。涙  また、樹脂部品のバリで、運動機構の動きにやや引っ掛かりがあり、そこが羽ばたきを阻害していました。やすりでバリ取りをして、再度チャレンジしたら、5mほどまで距離を伸ばせました。面白い!

それにしても、、、みればみるほど、、

こいつや、

こいつ の飛ぶ能力を簡素に実現していると思い、感心させられました。

こういった、動的な機構を考え、作る頭を養いたいと思います。

山形出張

 機構設計者は、自分の設計した部品や、関係した製品が正しく組まれていることを確認するために、協力会社に出向くことがしばしばあります。先週はずっと、山形に行っていました。

 出張に行くと、大抵、夜はダラダラ宴会となります。健康志向の私は本当に嫌なのですが、そのときは割り切って、普段飲まないお酒を飲み、居酒屋料理を口にします。そんな中、今日は、意に反して美味しいなと思った二店を紹介します。

 天童に行くことがありましたら、是非、寄ってみてください!

【居酒屋:宝】

チェーンではない、地元居酒屋さんです。いつも大繁盛です。料理が安く、おいしいです。マグロのあぶりや、唐揚げ、地酒やビールもよく冷えていてGoodです。夜23時半ころまでやっているので、おすすめです!

まぐろのあぶり

唐揚げ

イカそうめん

フキノトウの天ぷら

肝臓にいいからと、アサリ

【どんどん亭】

ここは、「地ビール」と「唐揚げ二時間食べ放題(¥390)」がいいなと思いました。現地の若者が沢山いました。笑 宿泊ホテルによっては、どんどん亭のビール一杯無料券があるので、要チェックです。

尚、上の地図の、どんどん亭の近くにある、「水車生そば」の鳥中も美味しいです。観光地天童に行かれる際は、是非、行ってみてください。

では。。

神明大神宮

 JR橋本駅から歩いて10分ほどのところに、「神明大神宮」という比較的大きな神社がある。この神社の御朱印は、少し離れたところにある「亀岡八幡宮」にて発行されている。橋本に用事があったので、参拝してきた。

一の鳥居

二の鳥居と三の鳥居


参道にある「しだれ桜」が見頃を迎えていた。

天日鷲命( あめのひわしのかみ )が一緒に祭られているとは、びっくりしました。天照大御神が、天岩戸に隠れたときに弦楽器を奏でた神様です。その際、弦の先に大鷲が止まったのを周囲の神々が見て、世が再び明るくなること示す吉祥であると捉え、大いに盛り上がったそうです。開運・開拓・殖産の神様です。

本殿

橋本における、神明大神宮の創建は、1569年とのこと。戦国時代ですね!

この地は、相模川から甲州街道方面に行く公差地で、昔から栄えてきました。昔の人たちの平安への願いを感じながら、心が清められるよい神社であると思います。

材料力学①:力とは?

 機械工学科に入学すると、「基礎力学」の授業と並行して、「材料力学」「流体力学」「工業力学」を受講することになります。電気製品の機構設計者として、特に大事にしてほしいのは、材料力学です。製品開発において、最も起こってはならないは、使用中の強度不足による破壊です。これは、お客様の命に係わることだからです。

 材料力学は、材料に力がかかったときに、「材料の何処に、どのくらいの負荷がかかるのか?そして、どのくらい変形するのか?」を見積るために必要です。ここで、見積ると申し上げましたが、これは予測するということなので、この予測値と目標値を照らし合わせて、所望の強度になるように設計修正することが重要です。

 以後、このブログで、ちょくちょく材料力学ネタを取り上げます。折り紙やDIYをするときに、役立つネタもあるかと思うので、参考にしてもらえたらと思います。

 本日は、まず、「力」について述べたいと思います。

力とは何か?

 私は、この問いに対して、下記のように答えます。

  • 物体を運動させたり、その形状を変化させる作用
  • 単位:[N](ニュートン)
  • 「運動の第一から第三法則」に従って記述される

基本的には、上記のように捉えておけば、今のところ不自由に思ったことはありません。(学者の方は、どうか分かりませんが..)

なお、材料力学では、物体にかかる力を、荷重ということが多いです。

外力と内力

 力は、物体の外側に直接かかる力と、物体の内側に均一にかかっているであろう力で大別できます。前者を、「外力」。後者を「内力」といいます。

 図にすると下記のようになります。

内力は、外力に対して作用反作用の関係にあります。後で記事で、応力という強度を表す概念を紹介しますが、これは、内力を断面積で割った値です。この値が小さい箇所は、強度が弱いわけです。

外力と内力の見つけ方

 下表のように考えておけば、よいと思います。

外力内力コメント
着目物体の外周物体の内部
力の見つけ方① 外周を指でなで回す

② 他の物と接触する箇所を見つける

③ そこにかかる力のことを外力という。
① 物体を適当な個所で切断する。

② 切断面において、外力に対する力を、作用反作用の法則から考える。

⇒ 内力
内力を見つけるときの仮想的な切断面を「仮想断面」という。




桜②

 今週も桜を撮りに出かけてきました。

場所:東京都某川沿い

カメラ:coolpix s7000

桜雲です!@境川

燃え盛るようだ!

鳩のツガイがいました!

お尻。前もこの構図みたような…

小山内裏公園( 旧戦車道路 ) 山桜が多いです。

今年の桜も、今週まででしょうか。。。ありがとう。