デミセクシャル

デミセクシャルという人種がいる。

心のつながりを感じて、初めて恋愛感情や性欲を抱く嗜好らしい。

私は、この考えに大いに賛同する。

心のつながりを感じることなしに、何故、恋愛感情や性欲を持ち得るのであろうか??

最近、友人のすすめで、某結婚相談所に行った。

異性の顔リストがバーっとあって、そこから気になる方を選び、申し込む、、、相手がOKすれば、会話やデート開始というものであった。。。

私もやってみて、幸いにもOKしてもらい、面会することになった。

会話は互いに大人でありそれなりの話術もあってか、穏やかな楽しい時間が流れた。その後のお誘いもあったが、お断りした。とても美しい方であったのが残念であったのだが、近いうちに相成れないと容易に予想できる精神的要素を感じてしまい、私の心は死んでしまったのだ。

その後、代理人を通じ、再度、その方が逆にアプローチしてきたが、やはり気持ちは変わらなかった。。

代理人のおばさんは、「心なんて一緒になれば、あっていくよ!相手の見た目がいいんだから、きっと楽しいよ!こんなチャンスないよ!ずっと一緒にいたいと思うようになるよ!変な話だけど、○○さんも風俗とか、出会い系とか、キャバクラとか行って、綺麗な子が出てくると恋しちゃいそうになるでしょ?今はまさにそういう状態なんですよ!」といった。

私は、風俗も、キャバクラも、出会い系も興味がないので、行ったこともない。だが、仮に今を時めく女優が「いきなり、君とSEXしてあげる」と言っても、見せかけの行為と生理現象を発することはできすが、気持ちがのらなず、辛い。この関係の不透明さと安心感のなさ、さらには恋愛のさらに先にある生物本来の本能的な種の保存に対する期待感、相互理解、共鳴が全くないからである。逆に、ここがあれば、私はその人のために、身を正し、その人に喜んでもらえるように努力するであろう。。。。

こうして、友人に紹介されたそのイベント会場を私は後にした。心はやはり空虚であった。

後日、友人に話すと、どうやら私のような嗜好の人は、デミセクシャルという人種らしい。

しかし、逆に、彼に問うた。

「君は、心のつながりもない人を深く、長く、愛せるのか?」

彼は答えた。

「一目ぼれとよくするから、俺は少なくとも、短期的には愛せる。深く、長く続くかは知らない。」

彼は、あの代理人のおばさんと同じである。なるほど、確かに、愛情や性欲の嗜好が別である。

私は、既に結婚している友人に、

「じゃあ、お前は今の奥さんとは、どうだったの?」

と聞いた。すると、

「知り合いの紹介。初めは、恋愛感情なかったけど、趣味とか、考え方が似ていたし、互いに知り合いに悪いから、取り合えず一緒にデートを重ねていくうちに、恋愛感情が芽生えて、、、結婚した」

という。

( なんだよ、お前も俺と同じじゃねーか。 )

つまり、私のような真面目な人間は、遊ぶ気などないので、多分一目ぼれもしない。常に、一緒にいて穏やかに、共鳴しながら、成長していけるかどうかを見ているのである。多くの円満な既婚者も、恐らく、無意識に互いにそれを感じることができたからこそ、私の友人のように一緒になれ、互いを深く愛せるに至ったのだと思うのである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

【本日の癒やし:望地弁財天】

弁天様は、仏教神の一人であり、その源流はヒンドゥー教の水の女神:サラヴァティーです。ヒンドゥー教では、学問・芸術の司る神でしたが、仏教を経て日本に伝来する中で、戦勝・福徳・金運といった意味あいが強くなり、信仰を集めるようになりました。

なお、インドの天才数学者ラマヌジャンは、サラヴァティーを崇拝していたそうです。。。この望地弁財天は、元々江ノ島にあった岩屋弁天様を移動させてきたものです。

横を流れる相模川のせせらぎと、横にある崖をつたって落ちる水音で、欲が流され、清々しい気持ちにさせてくれる、ありがたい神社です。

身近な自然 (相模川)

今週も、癒やしを求めて、相模川に行ってきました。中国の春節の影響なのか、中国人や東南アジア人が、河原に沢山いました。折角日本に来たのに、相模川で石拾い??などと思いながら、彼らも、まして、地元の人も足を伸ばさないような場所に行ってきました。

1.河岸段丘の中腹

昨年の秋に、私が発見したスポットです。相模川の透き通った水の流れ、そのせせらぎ、鳥のさえずり、風と木々のざわめき、温かい陽の光、虫の声…私にとっては、歌や楽器、賛美歌よりも心に響く、自然のオーケストラです。この場所が、長く維持されることを願ってやみません。

2.岩場

河岸段丘から、川岸まで降りられる梯子があって、それを使って降りると、素晴らしい景色が広がります。川のせせらぎと、滝と風の音、鳥や動物の声しかしません。心にへばりついた粘着油のような汚れやストレスが、その自然の音に一つ一つ耳を傾けることで、洗い流されるような感覚を得ます。

天然の水瓶という感じですね。湖面を漂う泡は、この水瓶の中に、植物プランクトンがいることを感じさせてくれます。

3.河岸段丘を対岸からみた風景

水の流れが石にぶつかり、バラケ、互いにぶつかり、また交わり、そしてまた…

孫氏は、兵の動きは水に象ると言いましたが、水のこの動きは私達の人生のような感じがします。

もちろん、障害もなく、何不自由なく生き、暮らし、裕福に人生を終える人もいるでしょうが、そんな人はごく僅かです。障害が多いのに、まっすぐな性分の私は、きっと、この水の流れでいえば、石ころだらけのところを流れる水なんだなと感じます。

でも、そんな水も、いずれは本流に合流する。。。

また、頑張ろうと思います。

速読の認知って?

速読って、どうやって内容を理解しているのだろう。

私は、理解とは、まず対象を言葉で表現し、記憶の中のその言葉と紐付いた文字、映像、感覚と照合し、一致、または類推することだと思っている。

文書を理解するとは、文字を文字で受け取り、先とおなじ照合を行う。そのため、文字を文字で受け取るステップを確実なものにする音読は、理解のために有効である気がする。

しかし、フラッシュ暗算、バラララとあたかもカードを切るようにページをめくって読書する人をみて、私は、この人達は、そうした理解の手順ではないと思わざるをえない。

本当に理解できているのか?はおいといて、仮に、理解できているとしてどうやっているのかを考えてみようと思う。

まず、視覚的に情報を入れ込むのは、一般的な読書も速読も同じである。

次に、理解の仕方だが、ここが大きく異なると思う。

一般的な読書は、前述のような感じである。つまり、

文字→言葉で強くインプット→記憶内の文字・映像・感覚と照合→発見・類推

である。

一方、速読は、我々が電車の車窓を楽しむように読書をするので、文字を、一度、言葉で理解する行程を挟んでいない。読む速度が速くなる極意がここにある。つまり、

文字→記憶内の映像・感覚と照合→発見・類推

である。

このことから、どうすれば速読できるようになるのか、いくつか仮説できる。例えば、下記のようなことである。

① 単語(文字)を意識してしっかり見る。( 強く脳内にインプットするため )

② 普段から、「単語(文字)を映像化(イメージ)する」訓練をする。

これは、文字と映像のリンクを強くし、文字をみたら無意識に映像が浮かんでいる状態を作るためである。なお、同じ単語に対する映像は、毎回同じような感じが良い。毎度毎度考えていたら、結局その考える行程で時間をロスし、従来と変わらないからである。「海」という文字をみたら「浜辺、青く、広大で、水平線まで広がる水と空」などの要素を備えた情景が毎度浮かべば良い。この要素が、多く、鮮明であればあるほどよいはずだ。それだけ、脳に強くインプットされている証拠だからだ。

③ 普段から、「単語(文字)を感覚(匂い、動作、在り方)で捉える」訓練をする。

これは、文字を映像化できないものの理解を早めるために行う。例えば、概念、定義、時間変化、音、匂い、味覚、食感などは、映像化が基本できない。文章は、こうした用語を多用することで、深みがます。速読本はよく、映像化に焦点を当てているが、正直、それだけでは内容を理解できていないと思われる。

⇒ ②と③をまとめると、文字を五感でイメージする訓練を普段からする。

例えば、「頬に手が触れる」という文章であれば、「頬」「手」「触れる」の映像だけでなく、「自分の頬に手が触れた」「自分の手が誰かの頬を押した」感覚をイメージしようとするのである。この感覚が、読書速度を速めるトリガーであると私は考えている。つまり、各単語を視覚映像以外の感覚でも無意識に捉えようとすることで、単語間の連結を日常の生活感覚で捉えられるようになるからである。こうなれば、単語間に視線を走らせるだけで、無意識に内容を捉えることが可能となる気がする。

④ 単語(文字)を目で注視する速度、単語間を目で移動する速度を鍛える

①~③に習熟すれば、後は、視線を早く動かせば動かすほど、無意識に内容を五感で理解しているので、速度が上がる気がする。

⑤ バラバラのものを意味のあるものに組み立てる訓練をする。

恐らく、そのうちに、一列、または一行づつでは遅く感じるときがくる。その時は、面で捉える必要がある。しかし、文章には、主語、述語、修飾語などのように、成り立ちに規則がある。そこで、面で捉えた情報を意味のある組に構成する訓練を行い、それを無意識に行えるようにしなければならない。つまり、バラバラに散った物を再構成する能力の訓練が必要である。パズル、文法の正しい組み合わせを作る問題 などが最適な気がする。

という具合に、①~⑤が訓練して身につけている人がいれば、確かに、速読は可能な気がする。しかし、その方は、豊かな知識、経験、知恵、鋭敏な感覚、感受性を持った方なのだと思う。

今日、この場で自分で考え、こうすれば出来るのでは?と思ったことを、ちょって試してみたいと思う。

もし、この記事を読んでくれている人がいて、実践して良くなった!などあれば、お気軽に連絡ください😄

では!

本日の癒やし:相模川水系中津川