視覚情報⇔イメージ

視覚情報とイメージの出し入れを行うには、どうすればよいであろうか?

目を開ければ、外界の情報が勝手に目に入ってくる。

目を閉じると、外界の情報は遮断される。今、見ていた風景は、イメージするしかない。

このとき、あたかも目でみているようにイメージすることは出来ないのであろうか?これができると、カメラアイという能力をもった人たちのように、風景をカメラのように記憶しておいて、それを頭の中で見ながら、情報をアウトプットすることができる。

参考書のページをめくっている風景を記憶し、後で、その風景を頭の中でイメージする。何ページの何処に何が書いてあったのかを、そのイメージの風景を、見て、読み上げるのである。内容は、理解していない。

どうすれば、できるのであろうか?

目を開いているときは、外の情報が常に目に入り、錐体細胞によって電気信号に変換され続け、脳内で認知される。

目を閉じているときは、視覚情報は遮断され、錐体細胞の信号変換も停止する(or 黒という情報変換をし続ける)。視覚という認知機能は、「錐体細胞による光刺激の電気信号変換」なので、光が遮断された段階で視覚による認知機能はなくなる。

よって、記憶した情報、イメージした情報を、視覚的に読み上げることは不可能であると考えられる。

しかし、もし、錐体細胞から信号変換された情報を覚えていて、脳内から錐体細胞を刺激し、その刺激の脳内への反射を認知できれば、あたかもイメージを視覚的に見るという体験ができるはずである。

しかし、電気回路を思い出せば分かるように、信号は常に漏れるので、伝送ステップが多いと情報の欠落も多くなる。

つまり、外界からの光情報を目で見ているときと、イメージを目で見るときは、下図のような情報伝達経路になり、後者の方が体内での処理が多いので、情報がロスが大きいということである。太矢印は、体内処理。

【目を開いて情報を認知するときの処理経路】

情報(光) → 光による錐体細胞の刺激 ➡ 電気信号変換 ➡ 脳内検知

【イメージ情報を視覚的に認知するときの処理経路】

イメージ(電気信号) ➡ 電気信号による錐体細胞の刺激 ➡ 錐体反応の反射➡脳内検知

また、イメージは記憶であり、そんなに精度よくとどめることは出来ない。したがって、錐体細胞を刺激するには至らないのである。

ところで、ここまで話てきて、そもそも、脳内イメージから錐体細胞を刺激し、それを視覚的に認知することなどできるのか?という疑問があると思う。

結論から言うと、私はこれは可能だと思っている。なぜなら、よくネットなどで落ちている、オレンジカード( オレンジ色の中に、青い丸の描かれたカード )を30秒ほど見て目を閉じると、瞼にその像、または色の反転した像を見ることができるからである。

目でみた視覚情報が電気信号になり、短期記憶され、それが脳内から目の錐体細胞を刺激するから、目で感じられるのだと思っている。なお、この情報を10秒ほどで消えてしまう。

よって、海馬だか、内臓だか分からないが、とにかく短期記憶で外界の情報をしっかり捉えられれば、視覚的にそれを見ることは出来ると思うのである。

※ 最も、ここまで記憶でとらえることができていたら、視覚的に読み上げる必要はないと思うが。。。

では、短期記憶を鍛えるにはどうしたらよいのであろうか?

よく、短期記憶は、脳の「海馬」というところに蓄えられると言われる。情報は電気信号だから、海馬がどのように記憶をとどめるのか?を理解し、それをコントロールできればよさそうに感じる。

この点については、また今度、考えてみる。

大伴部 博麻

 昔、大伴部 博麻(オオトモべ ノ ハカマ)という人がいた。「愛国」という言葉の由来となった飛鳥時代の兵士である。戦前教育では、必ず教わった人であるが、戦後GHQの洗脳教育(=日本人腑抜け化教育)の中で、真っ先に削除された。

博麻は、百済国救済のために大和朝廷が派遣した日本軍と、新羅・唐連合軍の戦いである、白村江( ハクスキノエ or ハクソンコウ )の戦い[661年]に参加した兵士である。

しかし、戦いは日本・百済連合軍の大敗。博麻は、唐軍の捕虜になり、長安に護送された。そこで、他の捕虜兵士や遣唐使で捕まっていた者たちとともに、長安で暮らすことになる。

しばらくして、唐が日本侵略を計画していることを聞いた博麻は、このことを日本に伝えなくてはないないと考えた。伝えるには、逃走資金がいる。そこで、博麻は、自らを奴隷として身売りし、その金でもって、仲間を脱走させた[670年]。

671年、仲間たちは対馬に到着し、事の大事を太宰府に伝えたという。大宰府には、当時、防人(サキモリ)という国家防衛のための兵士が常駐しており、この知らせを受け、より防備を固めたことと思われる。

さて、博麻は、以後30年も奴隷として長安に暮らし、690年に、たまたま長安を訪れた新羅使の知り合いに連れられて、半島を通じて、日本に帰国したという。

さて、帰国した博麻は、新羅使とともにもてなされるわけだが、その際に、持統天皇より「 朕 嘉 厥 尊 朝 愛国 売 己 顕 忠 」という勅語を賜るのである。天皇から一個人に対して、公の言葉を発せられたことは、記録上この一件しかない。

【意味】

朕は、おまえの朝廷を尊び、国を愛し、我が身を売って、忠誠心を表したことを喜んでいる。

この話は、日本書紀にも登場し、博麻は、「官位」「土地」「褒美の品」「子孫三代までの免税」といった恩賞を賜ることとなる。

親のため、子のため、友のため、愛する者ののために、今、ここまで己の身を犠牲にすることができる者がいるであろうか?

日本人として、愛国という言葉の由来を知るとともに、その美しさ、その深さをかみしめながら、生きていきたいと思うのである。大伴部博麻たち先人に感謝しながら。。。

一つ思うこと

生きていると色んな人に出会う。その一人一人に、色んな感情を抱く。

好き、嫌い、カッコいい、優しい、死ね、クズ、消えろ、馬鹿、尊敬、崇拝、反省、嫉妬、ライバル、殺意、遊び、協力、愛している、、、

その感情によって、行動がうまれ、出来事が成立する。

好きが、告白という行動をいざない、愛が成立する。

殺意が、殺人という行動をいざない、犯罪が成立する。

競争意識をもつことで、切磋琢磨し、成長する。

その中で、ライバル、敵、仲間、伴侶、パートナー、指導者、友人、家族などといった、自分と人との関係が定まる。

そして、喜怒哀楽をしながら、人は生きていく。

その行きつく先は、死 であるが、その前にふと思うであろうことに最近気が付いた。それは、、、

世の中で出会った全ての人は、皆、仲間であるということである。

共に笑い、泣き、遊び、苦しみ、、、

共に競い、罵りあい、殺し合い、勝ち上がり、逃げ落ち、、、

共に気になり、好きになり、愛し合い、助け合い、、、

皆、同じ時代を生きた仲間たちである。彼らがいなければ、自分のこの人生は成り立たなかったのである。

こう思えれば、過去・現在・未来のあらゆる迷惑な、不愉快な、我の尊厳を打ち砕くような出会いをもたらしてくれた人々でさえも、我が人生を一緒に作ってくれた仲間であり、大切な人達なのだ。

許すこととは、別であるが、これは重要な気づきである。

「分解」と「組み立て」は大事

私の勤めている会社には、今年も新入社員が入ってきた。様々な人事研修があるのだが、そのうちの一つを私がやることになった。

内容は、金型、CAD、解析、試験法についてである。皆、業務の一環で参加していることを人事からきつく言われてか、眠りもせず、しっかり聞いてくれた。

時折、知識を問う感じではなく、過去の経験や直感的な感想を問う質問を交えたり、その内容にまつわる関係エピソードを聞かせたのが良かったのかもしれない。

例えば、「分解」業務というのがある。これは、競合他社製品を購入し、分解して、構造、技術、コストの分析を行い、次機種の開発に活用するために整理する業務である。

関係するエピソードとして、私が知っているのは、二つの話である。

「種子島の鉄砲伝来」

「シャープ創業者:早川氏のラジオ」

 1543年8月25日、種子島にポルトガルの商船が漂着。商人が、鉄砲という武器を日本人に紹介した。領主:種子島時堯(種子島氏14代当主、当時16歳)は、鉄砲の威力を知り、2挺(チョウ)の火縄銃を即購入した。現代の額にして数億円である。 その後、 1挺を幕府に献上し、もう 1挺 を鍛冶職人に分析させ、自力生産を命令した。そのとき、鍛冶職人:八坂金兵衛の取った方法が、丁寧な分解と組み立てを行い、「構造、仕組み、材料、長所、短所」を整理することであった。そして、必要な物は作り、無いものは代替材料を使いながら、試行錯誤を繰り返し、2年後に国産化に成功した。

 当時、ポルトガルやスペインは、鉄砲を餌に興味を引かせ、法外な値で売り付け、それができない場合は巨大艦隊で押し寄せ強制的に植民地化を行う政策を世界各国で行っていた。いわゆる、大航海時代である。日本にもそうした時代の流れの中でやってきた。しかし、大量の鉄砲を日本に売りつけ、不条理な要求を突きつけようとしたときには、日本は、独自に高品質な鉄砲を大量生産する体制を整えてしまっていたのである。その火力は、当時のヨーロッパ全土の3倍という予測を立てる人もいる。そのため、侵略を断念したという。

 未知の道具に対し、知識が無くても、分解と組み立てを丁寧に行い、整理し、独自の鉄砲を作り上げた、鍛冶職人の努力がもたらした勝利である。我が国を、守ってくれた尊い考え方なのである。

数理モデル、シミュレーションなどがもてはやされる昨今だが、この職人魂を我々は忘れてはならない。

同じような話が、シャープ創業者の早川徳治氏にもある。。。が、これは、また今後。お休み。



記憶について思考錯誤

 目で見たものを覚えていて、その細部を完全に再現できる人が少なからずいるようだ。この人たちは、例えば、教科書を一度「見た」だけで、何ページの何処にどのような物が書いてあるかを思い出すことができるという。

 なんと羨ましい能力であろうか・・・。図書館や本屋さんに行けば、無限の知識を手に入れられる。かかるのは、ページをパララララとめくる時間だけである。得た知識は、資格習得や仕事に活用して収入UPにもつなげられるし、生活の質を高めることもできる。

 自分にはできないのだろうか???

 試しに、適当な本を一秒ほどの速度でめくってみる。。。到底、内容などは頭に入ってこない。覚えているのは、「ページをめくったという行動」「本のページのボンヤリした風景」だけである。肝心の詳細な「文字や絵」は、全く思い出すことはできない。

 ここで、今、できたことと、できなかったことは何だろう?

 ・できたこと:行動そのもの、ぼんやりした風景

 ・できなかったこと:詳細な文字や絵の再現


 できたことは、何故できたのだろうか?

行動は、自分で決めたことである。また、その行動を実際に時間をかけて行うことで、記憶に重みずけがされている。だから、容易にできたのであろう。。。

ぼんやりした風景を思い出すことができたのは、その道具を行動の間中、ぼんやりと認知し続けていたからだと思っている。記憶が、インパクトとそれにふれた回数(時間)で強化されると聞いたことがあるので、ぼんやり覚えているということは、ぼんやりした理解を繰り返していたと考えたからである。

でもここで疑問が生まれる。なんで、ぼんやりなの?紙面上の文字を図形として眺めることは容易である。一つ一つ、しっかりと眺めることも容易である。瞳でとらえられる領域のピントを合わせるのも容易である。ピントを合わせることは、ぼんやりとではなく、明確に風景を見ている証拠である。しかし、その再現はできないのである。

見る時間が足りないのだろうか?見る回数が足りないのだろうか?試しに、5秒から30秒に見る時間を伸ばしてみる。そして、目を閉じて、その風景を思い出そうとしてみる。何となく、文字列らしきものが思い出されそうな気がするが、詳細は無理である。

一方、5秒見て目を閉じて思い出そうとする。また5秒見て目を閉じて思い出そうとする。を6回行う。こちらは、先ほどより思い出すことができる。

この実験では、見るとき、思い出すときに、言葉は絶対に使わないと決心している。

ここまでやって、見たものを言語でとらえなおさないで直接思い出そうとした場合、「見る&思い出す」を何度か繰り返さないと思い出せないと分かった。

つまり、カメラアイを持っている人は、どうやら、思い出す力が凄いようだ。

こう考えると、カメラアイの持ち主は、思い出し方が常人と異なるのではないかと思うようになる。

人は、思いだすとき、どうしているのだろうか?目をつむる?目をつむったら、思い出せる?

私が、昔から思い出すためにやっていることは、関連しそうな言葉の列挙である。そして、何かの言葉をきっかけに、言葉で記憶していたことが思い出されるのである。

ex). あの女優 →Xというドラマに出ていて、A子の役やっていた。→ YやZというドラマにも出ていた→Zについて友人と話した場面を思い出し、さんざん口にしたBという女優の名前を思い出す

風景を思い出すことはできるだろうか?目を閉じても視界は暗いか、眼球がかすかに捉えた光を脳が何物かに解釈しようとして薄ぼんやりした像が色々変わりながらまぶたに移るだけである。

ただ、「椅子」と聞けば、自分で好き勝手に作った心の中の場に、ポツンとある椅子をイメージできる。その世界の色は自由自在であり、椅子と聞けば、椅子が中心に静止しているのをイメージできる。

このとき登場する椅子は、多分、昔見たことがある物がベースになっていて、自分の理解の中で無意識に加工された物が出てくるのではないかと思う。というのは、見たことが無いものは、知っているものを組み合わせて作るしかないからである。

ここで、この私のイメージは、頭に力を入れていてもボンヤリとしかできず、胸?に意識を向けたときに、少し明瞭にできる。イメージしている物が、過去の記憶だとして、それが頭や瞼に力を入れても上手く出来ず、胸の辺りでやろうとすると少し改善される。このことから、想起する際のコツは、意識を頭以外の場所におくことが大事なのではないかと思うのである。

じゃあ、目に力を入れて物を5秒間明瞭にみて、目を閉じて、胸に力を入れて思い出せるであろうか??

→ やってみてもあまり変わらない。

目と胸に力を入れて物を5秒間明瞭にみて、目を閉じて、胸に力を入れて思い出せるであろうか?

→ 何となく、風景が左目の後ろ辺りに残りそうな残像感がある。

このことから、今の私が思うのは、カメラアイの人は、見るときの意識を置く場所と、思い出す時の意識の場所が、頭以外にあると思う。

今日はここまで。引き続き、記憶と想起について、独自に試行錯誤していきたいと思う。

勝坂遺跡

 相模原市に約5000年前の縄文時代の遺跡があるときいて、雨の中行ってきました。相模原は、室町から江戸時代にかけて有名な出来事がなかったためか、今一つ認知が低く、また、名物もないです。しかし、それは地元を知らないだけで、ちゃんと調べると、時代時代で着実に生きていた人々の足跡を見つけることができます。今日は、「勝坂遺跡」と「有鹿神社奥宮」をご紹介します。

勝坂遺跡とは?

・場所:神奈川県相模原市南区磯部

・歴史:縄文時代中前期( 5000~4500年前 )の一大集落跡。関東地方の標識遺跡である。勝坂式土器などが発掘されている。遺跡内の有鹿の谷では、祭祀跡も発掘されている。。。

散策開始

まずは、復元集落を目指す!

竪穴式住居の内部 ( 外よりも暖かかったです。。。 )

自然の木が覆いかぶさってくる雰囲気が凄いです><

樹林の中に入っていきます!

有鹿の谷へ…

谷の色んな所から湧水が溢れ出ています。自然の力が感じられる、凄く神聖な雰囲気の場所です。。

この湧水の川には、日本固有種のドジョウが、まだ生息しているみたいです!!凄い!!!

有鹿神社の奥宮が見えてきました!

有鹿神社奥宮 -正面-

有鹿神社奥宮 – 斜め –

 きちんと参拝してきました。。。手前には、先ほどの湧水の川が流れています。足元が水に浸かりながらその水源方向に上がっていきますと。。。

 小さな鳥居が!!おそらく、御神体だと思われます。5000年ほど前の私たちの先祖も、この有鹿の谷の水源を大切に崇め、五穀豊穣と安寧を願ったことでしょう。日本固有種のドジョウが今日まで生きていることは、はるか太古の昔とあまりこの地が変わっていないことを表しているのではないかと思います。先祖らが崇めたであろう景色を、令和の世でみることができることは、幸せな体験だと思いました。

近くの木の根元からも水が染み出していました。

なんか、木から雑草に至る全てが、パワフルなんですよね・・・大地のエネルギーを感じずにはいられない場所です。

ケロッピ

良い散歩と参拝でした。

尚、有鹿神社の本宮と中宮は、海老名市にあります。

昨年のGWに行きました。

その昔は、かなり大きく、広大な荘園をもっていたそうですが、今は、こじんまりとした綺麗な神社です。

伊達に、神奈川県最古じゃないですね。恐らく、5000年前の古代遺跡から祭祀跡があることからして、最大でそのくらい古いのだと思います。。

こんな御神木もありました…木の根元の小さな鳥居が、何だか、ゾクっとします。精霊が出てきそうな雰囲気でした。

相模國一之宮 寒川神社

 今日は、神奈川県( 相模國 )の一之宮 寒川神社 に参拝してきました。国内唯一の「八方除の守護神」ということで、あらゆる厄災から守り、国家の平安と一族の繁栄を祈願してきました。

場所:JR相模線 「宮山駅」徒歩5分

祭神:寒川比古命・寒川比女命

一の鳥居

一の鳥居( 正面から )

参道

寒川神社の由緒

1,600年前の雄略天皇(21代天皇)の時代には既に地元の信仰を集めていたそうです。この辺りは、有鹿神社もそうですが、御祭神が、天照系とは異なる、地元神が多いです。縄文時代や弥生時代からこの地で崇められていた神様たちかもしれません。長い歴史に心打たれました。

手と口を注ぎましょう…

本殿へ…

本殿 

本殿の造りは、昨日の亀ケ池八幡宮と同じでした。とても、重厚で優美です。

八方除を占う道具( 方位盤と渾天儀 )

道具の説明

あと、境内には、我が国の国歌「君が代」の中で表現される「さざれ石」がありました。

さざれ石

さざれ石説明

御朱印もGETしました!

 心がすっきりしました。尚、帰り際、寒川神社のすぐ横に、ひっそりと建っていた「宮山神社」にも参拝してきました。その厳かな雰囲気からして、普通の神社ではないと感じたからです。

宮山神社

宮山神社

 社殿が島のようになっていて、島の周りに水がはられている。まさに、神域という雰囲気が凄いです。

宮山神社説明

御祭神名

・大物主神

・スサノオ神

・武御雷神

・大雀命

・聖神

・宇迦之御魂命

・伊邪那岐命

・伊邪那美命

上記の神々様の名前を見ればわかるように、大変にパワーにあふれた神社であることが分かります。寒川神社に行かれる際は、是非、宮山神社にも参拝することをお勧めします。

この調子で、相模國の一之宮から五之宮まで行ってみようかな…

一之宮:寒川神社

二之宮:川匂神社

三之宮:比比多神社

四之宮:前鳥神社

五之宮:有鹿神社

( 有鹿は、寒川神社より古いらしい。奥宮は、近くの縄文時代の遺跡の中にある… )

亀ヶ池八幡宮

 相模原市にある亀ヶ池八幡宮に行ってきました。1214年建立ということです。御祭神は、 宇迦之御魂大神( ウカノミタマノオオカミ ) 様 です。 商売繁盛、五穀豊穣、家運隆昌 など、地元では大変な信仰を集めている由緒ある神社です。

神社入口( 一の鳥居 )

二の鳥居 ( 御神木 )

本殿

案内板

亀ヶ池稲荷神社

亀ヶ池稲荷神社

大黒天神

毘沙門天神

布袋神

弁財天神

寿老神

えびす神

福禄寿神

右から三嶋神社、淡嶋神社、子安社

といった感じでした。尚、本殿で参拝を終えて帰るとき、凄く大きなカラスが本殿の屋根にやってきたので、写真におさめました。

何だか、神様に願いだけでも聞いてもらえた気がして、心が健やかになりました。

八王子城

 八王子城は、後北条氏三代目当主:北条氏康 の三男:北条氏照 の居城である。このお城は、1590年の豊臣秀吉による小田原征伐の中で、最も苛烈な攻撃を施され、落城させられたところである。小田原城に立てこもる城兵の戦意を喪失させることが目的とされている。

 城は、夜間より大道寺、真田、前田、上杉などの名将達の率いる軍団が一気に攻めかかり、善戦空しく早朝に落城。悲しい逸話の残る場所である。江戸時代には幕府直轄地、明治以降は国有地になったため、発掘調査などはあまり進んでいない。

 城の構造は、北条流の下記形式がよく見られる。

 ① 基本的に土の城 

 ② 角ばった「馬出」 がある

 ③ 複雑に曲がりくねった「桝形虎口」がある

 ④ 根古屋式 ( 戦時の場所と平時の屋敷が別々 )

※ 馬出:門前の通路の先に作った小区画。

※ 虎口:門後の区画

個人的には、横浜の「小机城」や鎌倉の「玉縄城」もよく似ていると思います。

小机城

玉縄城

八王子城

JR高尾駅から歩いて20分くらいのところに、八王子城入口という交差点がある。そこを左折すると、いよいよ住宅街や霊園、お寺、畑などがみえてくるが、その街割りの形状からして、すでに城内と思われる。

 道端に、案内図があったので、番号順に行くことにした。

[1] 宗閑寺

 説明内にでてくる中山家は、小田原征伐後、徳川家康に高く買われ、水戸徳川家家老になった。

宗閑寺の鐘と井戸( 手漕ぎ式の井戸! )

[2]の北条氏照公 の お墓 は、少し脇道にそれるので、行かなった。

[3] ガイダンス施設でお手洗いをし、早速、城内に入る!

まずは、大手門へ!

※ 大手門:お城の最手前にくる門

[4]大手門跡

 今はもう、林になっている。遠くにV字谷のようになっているのが確認できる。これは、「堀切」という、山を意図的に削り、堀のようにして、敵の侵入を防ぐ構造である。

[5] 古道 と [7]曳橋(ひきはし)

 御主殿と呼ばれる、平時に政務をとるための御殿があった曲輪( 区画 )に行く。

[6] 御主殿の滝

 これは、大手門から古道を歩くと経路的に行けません。御主殿の曲輪を見た後で、降りる箇所があったので、そこから行く。断崖の中に、小さな滝があり、澄み切った水で滝壺が満たされていた。ただ、上の説明板にあるように、ちょっと、まずい場所なので、直接の写真撮影は控えることにした。。

[7]曳橋を渡る

[9] 虎口の中

 曳橋を渡ったところの防御区画である。北条流は、この虎口を長くとり、敵をこの狭く長い領域に長い期間引き付け、攻撃をする構造をよくとる。加えて、この勾配、、、結構、足腰に来るので要注意。

[8] 御主殿跡

 大きな御殿が立っていたことが容易に想像できる。

[8]御主殿跡2

 このような山の上に、上図のように水を張った庭園があるなんて、往時の繁栄を想わずにはいられない。

 次からは、いよいよ戦闘時の曲輪に行く。一度、管理棟までもどって、金子曲輪を目指す。と、その前に、管理棟から御主殿に行く前に、立ち位置禁止の区画があった。先に紹介した絵図をみると、そこには、観音堂というものがあるそうな。

恐らく、観音堂のある曲輪に続く橋

同じく、観音堂のある曲輪に続く階段

 ネットをみると、観音堂が今もあり、お坊さんなどが修行に来るとか書いてあるので問題なさそうなのだが、立ち入り禁止の理由が良く分からない。

[10]金子曲輪

 細長い曲輪である。メインの道と、曲輪の側面に小さな小道がある。敵をメインロードに引き付けているうちに、小道から回り込んで挟撃する仕組みと私は思っている。

[10]金子曲輪より眺める東京の街。遠くに新宿が見える

[10] 金子曲輪から小宮曲輪直下の道に至る直線的な路

[11] 小宮曲輪

シャガ がいたるところに咲いている。何だか、物悲しい。

[11] 小宮曲輪

 お堂が建っていますが、廃墟である。しかし、お堂の中には、誰が供えたのか、新品のお花がいけてあった。八王子城合戦に所縁のある方の信仰なのかもしれない。私も、供養の意味を込めて手を合わせてきました。

[12] 八王子神社

 平安時代に京都の学僧:妙行(みょうこう)がこの山で修行していると、仏教の守護神:牛頭天王 と その后:頗梨采女( はりさいにょ )がその八人の子を伴って現れた。妙行が、「その子たちは?」と聞くと、牛頭天王が「八王子です」と答えた。以来、この牛頭天王と頗梨采女、八王子を奉ったのが、この八王子神社である。

 明治以降、神仏分離令の中で、牛頭天王と頗梨采女、神道のスサノオとその姉天照の誓約(ウケイ)が同一のものと再解釈され、以後、この神社は、神道的には、スサノオと天照の誓約の儀で生まれた八人の神を奉っていることとなっている。

 尚、この地域を八王子と命名したのは、先述の北条氏照である。

[12] 八王子神社内の舞台( 荒れている… )

[12] 八王子神社内 天狗様と本丸守将:横地堅物の慰霊碑

先の八王子神社本殿横の階段を上がっていくと、いよいよ本丸である。

[13] 本丸

 小さな空間で、20人ほどの大人が入って、動き回ればちょうどよいという感じであった。

 余談だが、私の先祖も北条氏照公に仕えていたという。この八王子城合戦が行われたときは、小田原城に入っていたので討ち死にせずに生きながらえたそうな。ただ、その後、一族の一派が仏門に入ったところを見ると、八王子城や山中城での悲惨な最期を遂げた親族・仲間を弔う必然性を強く感じさせられたように思えてならないのである。

本丸を後にして、少し下ると、東京の全貌を眺められる「松木曲輪」という区画に着く。

[14] 松木曲輪 からの眺望1

 晴れた日は、富士、相模湾も見えるのだそうな。。。

[14] 松木曲輪からの眺望2

 隣の山に変な建物があるな~と思って、光学20倍ズームで見てみると、、、高尾山の展望台(=毎年ビアガーデンやる場所)でした。霊山であり、修験の山でもある高尾山で、過去悲しい歴史があった八王子城と八王子神社を下に見て、本来は、お酒なんて飲む場所じゃないなと思わされた。襟を正し、生きていきたいと思う次第である。

[その他] 湧き水

 お城の中には、時折、湧き水を見ることができる。山城なのに水が湧き出るというのは、本当に珍しい。

[その他] 綺麗に切られた石

 八王子城は、土の城の多い北条流築城術において、珍しく石垣が使われている。先の虎口もそうだが、観音堂のある曲輪も石垣が確認できた。1590年以降昭和まで幕府と政府により直接管理されていたので、石垣の多くは自然の木々により崩れたり、埋もれてしまったりしているが、たまに、こうした明らかに作為的に切られた石を見つけることができる。

[その他] 春の虫( ジョウカイボン? )

[その他] シャガ

[その他] ???

[その他] 八王子城入口交差点から管理棟までの道路脇にタケノコが売ってた。。。

 八王子城は、豊臣方の殲滅作戦がとられましたが、城内の数少ない兵の抗戦も凄まじく、攻め手だけで千人以上の死傷者が出たと言われている。しかし、数回の発掘調査では、いまだ、甲冑や遺骨などが見つかっていない。このことから、戦いの後に、徳川家が直轄化し、徹底した供養が施されたのではないかと私は思っているのである。

羽ばたく飛行模型作った

 昔、「天空の城ラ〇ュタ」というジブリ作品で、主人公の一人のパズーが、羽ばたく模型飛行機を飛ばすシーンがあった。

 これって、すごーい!と子供ながらに思ったものである。その後、月日は流れ、学生の頃に「大人の科学」という物作り系の書籍で「羽ばたく飛行機を作ろう!」という企画があり、買ったはいいが忙しくて作る暇がなかった。

 ようやく、この週末にかかることができ、分かりにくい組み立て指示書を読みながら15分ほどでできた。。。

動力は、ゴムである。

前翼は、上図のように、歯車が噛み合うようになっている。歯車の一つからは腕が伸びており、これが回転軸とくっついている。この機構により、

ゴム解ける⇒回転軸回る⇒歯車の一つが動く⇒歯車の噛み合いで、もう一つの歯車も動く ⇒ 羽が羽ばたく

という動きが実現される。ただし、上記の構造上、両翼で羽ばたくときに、歯車の間隙分のタイムラグが出てしまい、綺麗にバタフライできない。しかし、これはやむを得ない。。。

後翼は、上図のように角度をあらかじめ調整し、ロックする機構となっている。

この後、庭で飛ばしてみたのですが、3mほど羽ばたいて急上昇し落下しました。羽ばたきに対して、羽の接着が弱かったためか、材料のビニールシートが少し伸びてしまいました。涙  また、樹脂部品のバリで、運動機構の動きにやや引っ掛かりがあり、そこが羽ばたきを阻害していました。やすりでバリ取りをして、再度チャレンジしたら、5mほどまで距離を伸ばせました。面白い!

それにしても、、、みればみるほど、、

こいつや、

こいつ の飛ぶ能力を簡素に実現していると思い、感心させられました。

こういった、動的な機構を考え、作る頭を養いたいと思います。