花粉症の薬

今年も花粉症の時期が来た。

花粉症の私は、、、つまりは、免疫系の異常者である私は、毎年、抗ヒスタミン薬を飲んで、この時期をやり過ごしている。今日は、この薬の話をしたい。

抗ヒスタミン薬は、第一世代と第二世代がある。前者は、眠くなる という副作用がある、古いタイプのものである。しかし、市販薬の多くは第一世代である。できれば、第二世代の物を買いたいが、市販薬では「ザジゼン」など、とても弱いものしかない。よって、病院に行ってもらうことを考える。。

病院だと、「クラリチン」「タリオン」「アレロック」「アレグラ」「ザイザル」などが処方される。これらは第二世代なので眠くなりにくい。

ただ、薬というのは、その人の体に合う合わないがあるので、いくつか試してみて、自分に合う奴を見つける必要がある。私は、アレロックを飲むと、、眠くなります。これは、思い込みなのだろうか…。自分の体にあるものを探してみましょう!

【本日の自然】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です