色んなデータベース

 色んなデータベースをまとめてUPしていきたいと思う。自分がスッキリするし、世の中の誰かのためにもなると思うから。

 今日は、「太陽系の惑星」とその名前の由来、象徴的な意味をまとめたので、載せたいと思う。下図。拡大図は、下の方にあります。

基本的には、今の惑星の名称は、ローマ神の英語読みなんですね!個人的には、金星のヴィーナス、木星が全知全能の主神ゼウス、海王星が海神ポセイドンというのが印象的でした!ちなみに、お笑いのネプチューンって、ローマ神からとったんですかね😅

上表は一覧なので、一つずつ拡大図を載せます!こう見ると、各惑星(=各神)の象徴的な力が魅力的なので、ジュエリーの名前に使われるのも頷けます。また、その力の象徴とされる由来(神話)にも興味がわいてきました。彫刻や絵画も意味深です😄 こうやって、興味をもつと教養は膨らみますね!

太陽から火星

( 画像中にカーソルを乗せ、右クリックし「画像だけを表示」で拡大できます」)

木星から海王星

( 画像中にカーソルを乗せ、右クリックし「画像だけを表示」で拡大できます」)

冥王星と月

( 画像中にカーソルを乗せ、右クリックし「画像だけを表示」で拡大できます」)

今後も、こんな感じで興味を持った分野のデータベースを掲載したいと思います!

【本日の癒し画像】木の根を通って湧き出す水とその音

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です