男子が勉強で辞めるべきこと

 世の中には、沢山の勉強本があふれている。勉強方法があふれている。勉強する前の心構えを説いたものもある。しかし、男子が恥ずかしさのためか、語られないことが一つある。それは、自慰行為 を説いたものである。男は、生きている限り時々刻々常に精子を作っている。自然の法則として、溜まるまのは、処理されなければならない。このことから、男は定期的に精子を出さなければならない。この精子を出す現象、または行為を射精という。自分による射精は、三種類に分類される。それは、自慰行為による射精、夢精や遺精という現象による射精である。夢精と遺精は、体が供えている自律的な機能で、過剰な精子が溜まり、かつそれを身体へエネルギー変換しきれなくなったときに起こる。前者は、睡眠中に起こる現象、後者は覚醒中でも無意識に起こる現象である。本日は、この現象による射精には触れず、自慰行為による射精がダメなことに触れたいと思う。

【ダメな理由】

① エネルギーの大幅な浪費のため、眠くなる。(学習時間が少なくなる)

② 気力が減衰し、頭の回転が鈍る(物覚えが悪くなり、物忘れも増える)

③ 集中力が低下する。(学習の質が低下する)

 男子ならば、生きている上で少なからず自慰行為をしたことがあるはずである。何かの弾みで陰茎が刺激を受け、意図せず射精をしてしまった。しかし、その本能的な感覚にはまり、以後何度もするようになった人も多いと思う。保健体育の授業で推奨された者もいるであろう。最近では気軽に見られるようになったAVを見て始めた者もいるであろう。そんなことは全く知らず、彼女ができてSEXをして自慰行為を知らずに大人になった幸せ者は、1%もいないであろう。

 賢者タイムという言葉ある。これは、自慰行為をした後に訪れる無気力な状態をさす。性欲を忌み嫌う心理状態であり、疲労感にあふれ、論理的思考力と記憶力が減衰した状態である。射精の本来の役割(=子孫を残すための生殖)ではなく、自分を慰めるためにやってしまったことへの慙悔(ざんかい)の念を抱く方も多いと思う。これらの現象は、種を残すための機能を行使したために、脳が身体を休ませようとするために、無意識に起こる。①~③は、それである。回復までに半日~1日かかる人もいるであろう。これが、学習することがあるときに、自慰行為がダメだという理由である。

 

では、SEXはどうなのであろうか?SEXも、男にとってみれば、射精をするので、エネルギーの放出現象である。しかし、お互いに思いやりのあるSEXをしたときは、少なくとも②と③はないという人が多い。私が学生時代から知り合いたちの話を聞いたり自分で経験したりして、20人中17人が同様のことを言っているので、正しいように感じる。これを、ある書物は、性エネルギーの交換がなされたからと表現しているが、女性から男性へ注ぎ込まれたエネルギーが何なのかここでは理解できないので、私は、一度、この主張を放置する。

 私は、思いやりのあるSEXで②と③が起きないように感じるのは、自慰行為後の、慙悔の念、不本意感という、無駄な思考(頭の中のゴミ)をする必要がないことが、原因の一つだと思っている。この思考をすることは、注意を散漫にさせるのは明らかだからである。これが結果的に、物覚えの悪さや、処理速度、集中力の低下につながっていると予想している。また、SEXで、相手が自分を受け入れてくれたこと、自分が相手を幸せにできたことへの幸福感、満足感から、気持ちが満たされる。これが、射精によるエネルギー低下による脳の休息指令を軽減させ、②③が起きないように感じさせる原因の二つ目だと思っている。放出による疲労と、疲労による気持ちの低下が、幸福感で補われるからである。

 これを裏付けるように、思いやりのないSEXをしたときは、自慰行為と同じで賢者タイムがやってくる。それは、慙悔の念が無意識に起こるからである。この無意識というのが重要で、コントロールするのは中々難しい。故に、最高の自慰行為をして顕在意識で慙悔する前に眠りに落ちてしまった者も、眠りから覚めたときには賢者タイムに陥っている。精子が一定量溜まるまで続く。

 ここで、先のSEXによって、女性から受け取る性エネルギーについてふれる。私は、「異性と一つになれたという形から感じる、本能的な達成感」「SEXの一連の流れの中で(自分が)女性に施した行為に、相手が応えてくれたことへの満足感、安心感」が、その正体であると思っている。物質的に女性から男性へ注ぎ込まれるものは少ない(唾液くらいか…)のだから、後は「気の持ち方」の変化に注目するしかないと考えたからである。経験上、まんざらではないと感じている。こう考えると、男性の射精という現象は、ただのエネルギーの放出に過ぎず、性エネルギーの本質ではないように思えてくる。というのは、性エネルギーが、「気の持ち方に 、性行為の形と反応 で影響を与えるモノ」と私は解釈したからである。

だから、女性は男性を癒したいと思うのならば、形を大事にし、演技をしてでも男性の行為に反応し、男性に心の充足を与えることが大事なのである。逆に、男性も、射精ではなく、女性に満足感や安心感を与えるようなSEXを心掛けなければならない。そうしなければ、SEXで互いに与える性エネルギーは、弱くなる。つまり、SEXの効果は、互いに自慰行為に近いような虚しいものとなる。

【まとめ】

◆ 勉強の前に、「自慰行為」や「思いやりのないSEX」をするのはやめること。

◆ 自慰行為は、エネルギーの放出行為であり疲労を伴う。また、慙悔の念を無意識に抱かせるので、それが思考の邪魔になり、集中力や記憶力、論理力の低下を招く。

◆ 思いやりのないSEXは、自慰行為よりはましだが、賢者タイムを招く。それは、性エネルギーの交換が不十分だからである。

◆ 性エネルギーとは、「性行為をするときの互いの形と反応により、感情に変化を与えるモノ」であると仮定する。思いやりのないSEXは、形は整っても、反応が射精やオーガズムしかないので安心感や満足感がえられず、男性にとってはエネルギーの放出現象である射精の疲労感と慙悔の念が勝り、賢者タイムが訪れる。

◆ 思いやりのあるSEXは、性エネルギーの交換であり、それは男性の射精による疲労感と慙悔の念による気力の減衰を補うばかりか、気力を充実させる効果が期待できる。※ 私の考える性エネルギーの定義は、上記。

長くなりましたが、男性は自慰行為は控えましょう。それをやめても自律的に放出する機能(夢精/遺精)を生物は備えています。生物界で快楽のために自慰をするのは、人と猿くらいで、犬猫もしません。それは過酷な自然下で緊張を解く、危険な行為だからです。よって、自慰行為をやめたところで、男性機能が低下するとは考えにくいです。もし心配なら、身体を鍛えたり、素敵な彼女や伴侶を作り素晴らしいSEXライフを楽しんで下さい。

本日の動画:川の中の稚魚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です