有鹿神社

有鹿(アルカ)神社の奥宮に行ってきました。「有る鹿」と書いて、「アルカ、アリカ」と呼びます。

この神社は、本宮、中宮、奥宮 の三社で構成されています。

鎌倉時代までは、広大な社殿を構えていたそうですが、鎌倉幕府滅亡と、室町時代の 永享の乱の兵火で小さくなってしまいました。

鎌倉幕府御家人の海老名一族( 現在の海老名市一帯に勢力をはっていた )の厚い庇護を受けていたからだと思います。

本宮と中宮は、海老名市にあり、奥宮は相模原市にあります。

ここは、神奈川県最古の神社です。寒川神社より古いです。

というのも、この神社は、勝坂遺跡という約5,000年前の遺跡の中にある神社で、祭祀跡が多数発掘されているからです。

祭祀を行う場を神社というのならば、有鹿神社の歴史は5,000年ということになります。。。

こんな歴史の神社なので、祭られている神様は、日本書紀や古事記には登場しない柱です。

有鹿比古命(アルカヒコノミコト)と有鹿比女命(アルカヒメノミコト) の二柱の神様です。

男神と女神です。御神徳は、それぞれ、五穀豊穣、子孫繁栄です。

古代の神社では、よく男と女の神様が共に祭られております。寒川神社もそうです。

古来、男女はともに陰と陽、二つで一つという考え方を顕著に表していると思います。

余談ですが、古事記における求婚の面白い成り立ちを紹介します。

伊邪那岐と伊邪那美は、島で出会い、恋に落ちました。

そのとき、まず、伊邪那美から求婚し夫婦になったら、悪い子が生まれてしまいました。

そこで、やり直し、今後は伊邪那岐から求婚し夫婦になったら上手くいきました。

以後、求婚は男から声をかけるのが習わしとなった。

この記述を真に受けると、「恋のアプローチは男からか!」と思う人が多いと思いますが、ちょっと待てよ!

古事記では、「求婚は男から!」と言っているが、「好意を伝えるのは男から!」とは言ってないぞ!

別に、女性からアプローチしても良いのだ。

あと、「失敗したらやり直せ!」というのも大事な教訓である。。。です。以上。

神社は、柔らかで豊かな水の流れと、うっそうとした木々に囲まれ、何処かにベンチでもあったら、ついうたた寝してしまうような爽やかな場所です。

興味のあるかたは、是非、訪れてみたらいかがでしょうか?きっと、水と大地の力を感じていただけると思いますよ!

 前談が長くなりましたが、動画にてお楽しみください!

勝坂遺跡→有鹿谷

有鹿谷→有鹿神社

有鹿神社→有鹿窟

有鹿窟

有鹿窟周辺の湧水

相武台駅からタクシーなどで行けますので、ちょっと変わった神社をお探しの方、一度訪れてみたらいかがでしょうか?

なお、御朱印は、海老名の本宮でいただけます。

・・・・・・・

古墳とかの遺跡を見ていると、兵士の埴輪を見ることがあります。

関東などから、九州防衛に駆り出された兵士のことを防人といいます。

一度行くと、もう帰れないことが多かったそうです。

送る出される当人も、送り出す家族、恋人、友人も皆つらく、そうした先人たちがあってこそ、今の我々がいることをフト感じてしまいました。。。

ということで、最後に、「防人の詩」という有名な歌を貼り付けておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です