ながらスマホ は止めましょう

スマホが開発されて何年経つか、、、

今や、色んなアプリが開発されて、スマホ利用者は一時も休まずにそれを楽しんでいる。

ネット検索、通信、買い物、割引クーポン情報、ゲーム、出会い系、SNS、動画etc

我々の生活は、豊かになったかもしれない。。しかし、社会の秩序と品格は大いに下がってしまったのは、間違いない事実であろう。

道を歩けば、歩きスマホしている者ばかりである。前を向いてしっかりした足取りで歩いている人の方が少なく感じる。

その為、道の人の流れが乱れ、、前を向いて正しく歩いている者は、どちらに進んだらよいか分からず困ってしまう。社会の秩序は、皆が互いを思いやる行動をとることで機能するのである。このような、独りよがりな行動をする者が増えてしまうと、秩序はなくなってしまう。。なんと嘆かわしいことであろうか。。。

私は、歩きスマホや運転スマホなどの、「ながらスマホ」を規制する条例を首都圏、政令指定都市で定めてもらいと思う。「ながらスマホをしていたら、原則、罰金」という具合に。。

※ 原則 という具合に含みを残したのは、二つの目的があるる。一つは、そうせざるを得ない状況があった場合に議論の余地を残すこと、もう一つは正義の志のある施策導入者らが仕組みに嵌められるのを防ぐためである。

こうでもしないと、今のままでは街の秩序が乱れる一方である。皆が公共の場を自分のプライベート空間と考える世界になりつつある。自分以外の人を、巻き込んで傷つけてしまってからでは遅いのである。

この記事を読んだ人が、一人でも、「ながらスマホ」を止めて、公共の場を五感をしっかり使って検知し、相手を思いやった行動をとることを願うばかりである。。

【本日の動画】秋川のカワウ

夕暮れ時、日が沈むほんの十数分の間、日の光が川の上に反射し、何とも哀愁のある風景をみせてくれます。癒されますが、独身の心に秋風を吹き込む情景である。笑 もうすぐ、一年も終わりですね。。頑張って行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です