推定の技術

エンジニアとして働いていて、実験をすることが沢山ある。仮説を立て、サンプルを用意し、必要な試験をして、データを整える。そんなとき、昔から違和感を覚え、訂正を訴えている事柄を今日は述べたいと思う。

それは、「推定」の技術である。

私の職場でしばしば多くの方がやるのが、

「サンプルの平均値 ≒ 全体の平均値」

とすることである。10個くらいのサンプルから得られた結果を、特に考えなしに平均値(m)をとり、それを(神のみぞ知る)母集団の値とみなし、議論する傾向がある。

サンプルから求めた値が、母集団のそれに対してどれだけズレているか推論する手段を、多くの者が忘れている(or知らない)ため、皆が皆、もやもやした気持ちを押し殺しているのが、よく分かるのである。

しかし、誰もそのことは議題に出さない。自分が知らないから。自分の弱みを見せたくないから。。。

本日は、その違和感に蹴りをつける、簡単な一例を紹介する。実験をされる方は、是非試してみてほしい。

【方法】:推定

① サンプルを適当に用意する。( サンプル数=N。標本数ともいう。 )

② 測定する。

③ サンプルの平均値(m)と標準偏差(s)を求める。

④ 自由度Φを求める。( Φ=N-1) ※

⑤ 推定の予測精度X[%]を決める。

⇒ 推定する平均値(μ)が、どのくらいの確率で当たって欲しいか?

数学的には、95%当たると、その事象は起こるとしている。

⑥ 危険率α(=1-X/100)を求める。

⑦ t分布表において、自由度とαが交わるt値を読み取る。

⑧ 「μ = m±t・s/√(N-1)」に③⑦の数値を代入する。

⇒ (神のみぞ知る)母集団の 平均値μは、「m±t・s/√(N-1)」の間にX[%]の確率である。

推定した値の起こりうる確率 まで提示されれば、その値による判断がスムーズにできる。

「サンプル数が少ないから駄目だー!やっぱり金をかけて全数検査しなくっちゃ!」などと、ハゲ頭にカビの生えたようなことを言わなくていいのである。

もう、何十回も主張し続けているのだが、受け入れられないのが悔しい。日本の統計リテラシーの低さを感じてならない、今日このごろである。

癒やし:鷺という生き物@相模川

水のせせらぎ、身近な生の自然、野生動物、美しい石 に出会うという至福の癒やしを得るために相模川によく行くのですが、野生のカワウの撮影をしていると、すぐ近くに、野生の鷺がやってきました!警戒心の強い鳥なので、こんなに間近で撮影できるのは、本当に珍しいです😊 鋭い嘴、ペリカンの仲間であることにうなずかされる首からお腹のフォルム、野生動物特有の鋭い眼 、、、この出会いに感謝です!

赤ちゃん

子供が生まれました。女の子です。

。。。といっても、私の子供ではなく、私の兄の子供です。

名前は、国際的に活躍する人になって欲しいという兄夫婦の願いから、「結海」と名付けられました。

私の一族は、「一重で色白」「足が速くて力持ち」というのが身体的特徴です。

しかし、兄の子は、私の母や、兄の嫁一族の血のためか、現状「二重」でとても可愛らしいです😊

どんな子になるのか、楽しみでしょうがないです。

父と母の神仏への願いと、身を清めるかのように正しだした私生活。

兄とその嫁(私から見ればお義姉さんですが…)の深い愛。

これらを受けてこの世に生を受けた、我が姪を心より祝福したいと思います。

よく生まれてきてくれました!

これからよろしくね!

◆癒やし:冬仕様のサギ

白鷺、青鷺、黒鷺、メスとオス、冬と夏 で装いが大分違います😄 貴重な生態の記録です!

秋の相模川

 最近、足しげく相模川に通っています。運動のため、自然にふれあい元気になるため、歴史をしるために、素敵な生き物や石に出会うためです。

 今日は、その成果を報告します!

実家のワンコ。寝るのが大好き。この日も私が出かけようとするまでスヤスヤ寝ていたが、カメラを向けたら起きた。明らかに、眠そう。。。

自転車を飛ばして25分ほどで、相模川に到着する。

川は台風から一ヶ月以上たち、ようやく穏やかさを取り戻しつつある。釣り糸を垂らす人も多くなってきた。

紅葉も美しく進み、四季を視覚で味わえる。

ここは、私だけの秘密の癒やしスポット。川のせせらぎ、打ち寄せる波の音、風の音、小鳥たち囀り、滝の音、水の干渉光が崖に反射してできる空間 が全てそろった場所です。ここだけは、何十年も時が止まっているような気さえします。

生き物も沢山います。

サワガニ

泥柱

クロサギのつがい

小鳥の水浴び

心の癒やしはいくつになっても欲しいものです。間違っても、酒、SEX、暴力、薬に走っては駄目です。自然の生き物は、酒や薬は飲みません。必要以上のSEXもしません。無駄な破壊行為や暴力もしません。

「自然を尊び、自然を守り、自然に還る」

そんな生き方をしたいと思います。

新しい試みで水の中を撮影してみました。

台風直後は、藻はなかったのですが、この一ヶ月で復活しました。その藻が空気を沢山作り出しているのが確認できます。水草の揺れ動き方って、何だか規則性があるように見えます。自然の脈動とでもいいますかね。。水草の間には、1mmくらいの微生物が動いているのが見えたので、もうじき魚が泳ぐ姿も戻ってくるのではないかと思っています。