試練

 動物が生きる目的とはなんであろうか?なぜ生まれてきたのであろうか?冷静に考えたら、謎である。

 神道や仏教、日本の古代信仰の書籍を読んでみると、魂の修行のために宇宙から地球に降り、生を受けるという考えが多いのに気が付く。我々は、生を受け、試練を経験することで魂を鍛え、そして天寿をまっとうすることで宇宙に帰るということである。

 微生物も、虫も、犬猫も、皆、魂の修行のために地球にやってきているのだという。

 生を得るためには、その入れ物である体が必要である。体は、タンパク質の合成体なのだが、上手いことに生殖という仕組みによりそれが作られる。

 今、生を得るためにといったが、生を得ようとしているのは古代信仰などにおける宇宙にいる神や魂である。しかし、入れ物である受精卵を作るのは生物である雌雄(女男)である。魂は、どこで受精卵に入るのであろうか??

 昨年、生まれる前の記憶をもった少女の本が出版されたが、そこには、赤ん坊は、自分が生まれたい夫婦、とりわけ母親を選んで生まれてくるという。

 とすれば、魂は、好みの夫婦や女性を宇宙から見ていて、その女性が受精卵を宿した瞬間にそこに入り込むものと思われる。逆に、排卵日に生殖をしても受精しない、または受精できない状況にあることは、その女性が神や魂に愛されていないことを示しているように思う。よって、この少女の記憶を正しいとするならば、女性は、または男性も、神、仏、万物、宇宙に対して、感謝の気持ちを持ち、愛されるようにしなければならないであろう。日本の少子化が進行する、非科学的な理由は、ひょっとしたら神仏への信仰心を日本人が忘れがちになっているからなのかもしれない。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です