右手左手記憶法

 数日前、記憶法について色々ネットで調べていました。イメージ記憶、語呂合わせ、因果関係を見つける記憶術、脳の間違いを覚えておく習性を使った技と間違える記憶術 など色々あるんですね!気になったのは、是非、調べてみて、会得してみるといいかもしれませんね!

 そんな中、私が気になったのは、右手左手記憶術というものです。覚えるときに、右手をグゥ~っと握りしめます。一方、思い出す時に、左手をグゥ~っと握りしめます。たったこれだけ。。。

 なんでも、右手を握りしめることで、記憶に影響する左前頭前野が活性化するということです。一方、左手を握りしめることで、想起に影響する右前頭前野が活性化するということです。

 そういえば、学生時代に私は古流剣術をやっていたのですが、日本刀を両手で軽く持ち、立ち会うと、相手の姿が妙に記憶に貼りついたことを覚えています。視覚的に見ている感じではなく、雰囲気を妙に覚えているということです。そんで、練習の後で軽く一杯をやっているときに、その記憶を引き出して、あそこ鋭かったですね!とか、語らったものです。もちろん、武道なので、丹田呼吸法です。

 ひょっとしたら、右手左手に刺激が加わることで両前頭前野が活性化して、かつ、丹田呼吸法で酸素たっぷりの血を頭に送ることができたから、より脳が活性して覚えていたのかもしれません。

今後、会議の際に、右手握りしめてみようと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です