デミセクシャル

デミセクシャルという人種がいる。

心のつながりを感じて、初めて恋愛感情や性欲を抱く嗜好らしい。

私は、この考えに大いに賛同する。

心のつながりを感じることなしに、何故、恋愛感情や性欲を持ち得るのであろうか??

最近、友人のすすめで、某結婚相談所に行った。

異性の顔リストがバーっとあって、そこから気になる方を選び、申し込む、、、相手がOKすれば、会話やデート開始というものであった。。。

私もやってみて、幸いにもOKしてもらい、面会することになった。

会話は互いに大人でありそれなりの話術もあってか、穏やかな楽しい時間が流れた。その後のお誘いもあったが、お断りした。とても美しい方であったのが残念であったのだが、近いうちに相成れないと容易に予想できる精神的要素を感じてしまい、私の心は死んでしまったのだ。

その後、代理人を通じ、再度、その方が逆にアプローチしてきたが、やはり気持ちは変わらなかった。。

代理人のおばさんは、「心なんて一緒になれば、あっていくよ!相手の見た目がいいんだから、きっと楽しいよ!こんなチャンスないよ!ずっと一緒にいたいと思うようになるよ!変な話だけど、○○さんも風俗とか、出会い系とか、キャバクラとか行って、綺麗な子が出てくると恋しちゃいそうになるでしょ?今はまさにそういう状態なんですよ!」といった。

私は、風俗も、キャバクラも、出会い系も興味がないので、行ったこともない。だが、仮に今を時めく女優が「いきなり、君とSEXしてあげる」と言っても、見せかけの行為と生理現象を発することはできすが、気持ちがのらなず、辛い。この関係の不透明さと安心感のなさ、さらには恋愛のさらに先にある生物本来の本能的な種の保存に対する期待感、相互理解、共鳴が全くないからである。逆に、ここがあれば、私はその人のために、身を正し、その人に喜んでもらえるように努力するであろう。。。。

こうして、友人に紹介されたそのイベント会場を私は後にした。心はやはり空虚であった。

後日、友人に話すと、どうやら私のような嗜好の人は、デミセクシャルという人種らしい。

しかし、逆に、彼に問うた。

「君は、心のつながりもない人を深く、長く、愛せるのか?」

彼は答えた。

「一目ぼれとよくするから、俺は少なくとも、短期的には愛せる。深く、長く続くかは知らない。」

彼は、あの代理人のおばさんと同じである。なるほど、確かに、愛情や性欲の嗜好が別である。

私は、既に結婚している友人に、

「じゃあ、お前は今の奥さんとは、どうだったの?」

と聞いた。すると、

「知り合いの紹介。初めは、恋愛感情なかったけど、趣味とか、考え方が似ていたし、互いに知り合いに悪いから、取り合えず一緒にデートを重ねていくうちに、恋愛感情が芽生えて、、、結婚した」

という。

( なんだよ、お前も俺と同じじゃねーか。 )

つまり、私のような真面目な人間は、遊ぶ気などないので、多分一目ぼれもしない。常に、一緒にいて穏やかに、共鳴しながら、成長していけるかどうかを見ているのである。多くの円満な既婚者も、恐らく、無意識に互いにそれを感じることができたからこそ、私の友人のように一緒になれ、互いを深く愛せるに至ったのだと思うのである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

【本日の癒やし:望地弁財天】

弁天様は、仏教神の一人であり、その源流はヒンドゥー教の水の女神:サラヴァティーです。ヒンドゥー教では、学問・芸術の司る神でしたが、仏教を経て日本に伝来する中で、戦勝・福徳・金運といった意味あいが強くなり、信仰を集めるようになりました。

なお、インドの天才数学者ラマヌジャンは、サラヴァティーを崇拝していたそうです。。。この望地弁財天は、元々江ノ島にあった岩屋弁天様を移動させてきたものです。

横を流れる相模川のせせらぎと、横にある崖をつたって落ちる水音で、欲が流され、清々しい気持ちにさせてくれる、ありがたい神社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です